SNSとの違い

SNSとはソーシャル・ネットワーキング・サービス(英語: Social Network Service, SNS)は、社会的ネットワークをインターネット上で構築するサービスの事である。

代表的なソーシャル・ネットワーキング・サービスとして、日本最大の会員数を持つmixi、モバイル向けのGREE、モバゲータウン、海外では世界最大の会員数を持つFacebook、それに次ぐMySpaceなどがある。

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの主目的は、人と人とのコミュニケーションにある。友人・知人間のコミュニケーションを促進する手段や場、あるいは趣味や嗜好、居住地域、出身校、「友人の友人」といった自身と直接関係のない他人との繋がりを通じて新たな人間関係を構築する場を提供している。

Wikiより

SNSと出会い系との違い

つまりSNSとはありとあらゆる人と人の出会い(男女間も含まれる)の場を提供するサービスで男女の出会いに特化された出会い系サイトとは異なります。

出会い系サイトは人間関係構築のなかで『男女間の出会い』のみに限定したサービスをいいます。男女間の出会いとは恋人探し、婚活、セフレ探しなどかなり広いものですが、メル友探しとか暇つぶしというと本来の出会い系サイトの趣旨とは少し異なると思います。

メル友探しや暇つぶし相手を探すのであればGEEEやmixi(SNS)あるいはツイッターなどのほうがよく、特に男性会員にとってサクラに続き迷惑な存在となります。

あくまでも男女が実際にリアルで会うことを目的としているのが出会い系サイトであって、リアルで会う気がないなら男女問わずSNSにいくべきで出会い系に在籍するべきではありません。

SNSで出会いも可能だけど…

SNSサイトで男女間の出会いを求めるのは全然自由なんですが、男女間の出会いを求めていない会員は多数在籍していることと、プロフィールなどがかなり適当なため男女の出会いを求めるのは私の経験上あまり上手くいきませんでした。

また、SNSサイトである女性と親しくなり誘ってみたところ『はあ?』というような反応を示されて赤っ恥をかいたこともありました汗

こういうことがあると非常に気まずくなりそのサイトに居づらくなることもよくあります。

またSNSで、出会い目的のメールなどを大量に送れば通報されて強制退会させられるケースもあります。

SNSは手軽の知り合いができて優れたシステムなのですが、やはり男女間の出会いを求めるのであれば出会い系サイトに勝るものはありません。

結論

● SNS⇒ビジネスから暇つぶしまで広く出会いを求めるために利用

● 出会い系サイト⇒男女がリアルで会うためのサービス

ということになります。

SNSは完全無料で出会い探しができる点が最大の魅力ですが、タダほど高いものはないというのが当サイトの見解です。



コメントは受け付けていません