援助交際とセフレの違い -純粋セフレのススメ

援助交際とセフレの違い -出会い系サイトバイブル所有画像

援助交際とは売春のことです。つまり、お金を払ってその代償にセックスさせてもらう行為のことです。援交・円光・サポなどとも言われます。

相場は、10代3万・20代前半2.5万・20代後半~30代前半1.5~2万・30後半1万といったところです。また、地域によっても価格には格差があり都市部ほど高く地方になると安いことが一般的です。

では、援助交際とセフレとどう違うのかというと、恋愛感情が一切なしでセックスするという点において何も変わりありません。実際に出会い系サイトのアダルト掲示のセフレ募集の女の子の書き込みの多くが援助目的です。

また、できればお小遣いが欲しいけど好みの男性ならタダでいいという女もいます。また、最初は援助でもやがて金銭のやり取りなしで純粋なセフレの関係になることもあり、一概にこれはセフレでこれは援助と決めることはできません。

しかし、純粋に援助のみを目的としている女はやはり面白くありません。援助のみが目的の女はただの売春婦であり、生活に困ってやむなくやっている悲壮感漂う女が多いです。

しかも風俗嬢と違って人目を忍んでいるため、こちらとしても何かやましいことをやっているのではないかという罪悪感に囚われたりしあまり楽しめません。

純粋なセフレとはいえ、ホテル代だとか食事代だとかお金がかかることは確かです。ですので、ただセックスしたいだけならば援助の方が確実でありいちいち気を使ったりしないメリットがあることは事実です。

ですが、援助交際には上記のようなマイナス面もありますので、相手次第の感はありますが、やはりセフレの方が望ましいと考えられます。

結論としては、純然たるセフレを探すことが最も望ましく、出会い系で円光するなら風俗店に行った方がいいと思われます。売春婦に貢げ続けることでメリットは1つもありません。

出会えるおすすめサイト

詐欺やサクラなしを常時確認している安心安全なサイトです。3サイトとも無料お試しポイント付きです。携帯電話認証がありますが自動音声によるもので全然心配ありません。

■ 人気1位  ★★★★★
ハッピーメール

■ 人気2位  ★★★★★
イククル

■ 人気3位  ★★★★☆
PCMAX


コメントは受け付けていません