同性愛のパートナーと出会いたい人へ

更新日:2016年4月21日

近年、同性愛者に対する理解が進み、同性のパートナーを求める男女が増加してきました。今後ますます増えていくでしょう。

昨年2015年11月5日に東京都渋谷区が同性カップルに「結婚相当」の証明書発交付して話題になり、徐々にではありますが同性愛に対する世間の理解も進んでいます。

また、世田谷区も同日、条例に基づかない「パートナーシップ宣誓書」の受領証交付を始め、7組の同性カップルが受け取りました。

産経ニュース『渋谷区、同性カップルに「結婚相当」の証明書発交付』記事画像 -出会い系サイトバイブル所有画像
出典:産経ニュース 渋谷区、同性カップルに「結婚相当」の証明書発交付

出会い系でも同性愛は当然のことに

以前からゲイ・レズ専門サイトなるものはありましたが、最近では男女に出会いの場を提供する普通の出会い系サイトでも同性愛パートナーを探す機能を拡充しています。

たいていのサイトにゲイやレズのパートナーを募集する掲示板がありそこそこ盛況です。そのため同性のパートナーを探すことは決して難しくないということを知っておいてください。以下はPCMAXのマイノリティー掲示板の一部です。

PCMAXマイノリティー掲示板男性の同性愛(ゲイ)募集 -出会い系サイトバイブル所有画像

PCMAXマイノリティー掲示板女性の同性愛(レズ)募集 -出会い系サイトバイブル所有画像

また、出会い系サイトには掲示板で募集したりしない潜在的な同性愛者が数多くいます。プロフィールに明記してる場合もありますし、してない場合もあります。

募集もしなければプロフにも書かない人と出会うことは不可能です。そういう人たちは自分でプロフィールを検索して同性愛者を探しているのです。そのため、相手から検索して連絡が来るよう自分のプロフに同性との出会いを希望する旨を書いておいた方がいいでしょう。

同性愛出会いにおすすめおすすめなサイト

レズカップル -出会い系サイトバイブル所有画像通常の出会い系サイトは当然男女の出会いを目的にしてますので、サイトによっては同性愛出会い探しに著しく不向きなサイトも少なくありません。特に真面目な恋愛を歌う定額制出会い系サイトや婚活系サイトで同性のパートナー探しはまず不可能です。

ポイント制サイトであればほとんどが同性パートナー探しに対応しています。中でも管理人が知る限り下記2サイトが同性愛出会い探しにベストと思われます。

また、純粋な同性パートナー探しだけでなくエッチな関係の相手を探したり募集したりできます。

料金はポイント制で、入会金・登録料などは一切かかりません。またメアド・電話番号・LINEなど自由に交換できます。

必ず登録したい2サイト

■ イククル  レビュー:★★★★★
イククル
>>公式サイトはこちら<<

かなり以前から同性愛掲示板があるサイトです。掲示板はどちらかというと都市部の人間が多いです。ただこのサイトは同性のプロフィール検索が可能なため検索で直接探すことが可能です。

■ PCMAX  レビュー:★★★★☆
PCMAX
>>公式サイトはこちら<<

マイノリティー掲示板というのが同性愛募集掲示板で投稿者にメールを送ったり自分で募集してりして出会えます。比較的書き込みは多いです。

もちろん、同性のパートナーを探している人は、通常の異性のパートナーを探してる人に比べて少ないですが、それなりにはいます。根気強く探しましょう。

注意事項

だんだん一般的になってきた同性愛ですが、異性との出会いに比べればまだまだ少数派です。従ってパートナー探しも少々時間がかかるかも知れません。

好みに適う相手を時間をかけて根気よく探すことをおすすめします。そのためにはできるだけ早くアクションを起こすことです。でないとせっかくチャンスを逸してしまうことになるでしょう。

また、同性愛募集を歌う援○目的も結構いますので注意してください。それと募集を見ると大部分が都市部です。地方在住で同性愛出会い探しは少々苦戦するかも知れません。遠距離も念頭に置いておいた方がいいかも知れません。

それと、ゲイ・レズ専門出会いサイトなるものの増えてきましが大部分が詐欺サイトです。ご注意してください。

ラブサーチなど定額制出会い系サイトはまだ同性愛には対応していません。同性にはメールを送ることもできません。ご注意ください。

出会い系サイトは同性に連絡できないサイトが案外多くあります。上記以外のサイトをご利用の場合、必ず同性へのアプローチが可能かを事前に確認してください。

まだまだる根強い偏見

徐々に理解が進んできてはいる同性愛ですが、まだまだ多くの偏見があり少数派なことも事実です。潜在的同性愛者、つまり同性愛者なんだけど周囲に告白できてない男女が相当数いると思われます。

電通が4月に行ったインターネット調査では成人約7万人のうちLGBTの割合は7・6%だったそうですが、体感的にはもっとずっと低いと思われます。

日本の場合、少数派を攻撃しようとするさもしい輩が近年後を絶ちません。弱いものいじめですね。日本人はほんと弱くなりました。ネトウヨなんて糞が現れるようになったのもそういった弱いものいじめの影響でしょう。


コメントは受け付けていません