メールは速戦即決で

他サイト見るとたいていメール術なる項目があって様々なメール術がのっています。

ある意味これは当然のことで出会い系サイトで出会うためにはまずいかに相手に好感を持ってもらえるかが全てと言っていいでしょう。

そのための手段は基本メールしかありません。

ですので、私もやはりメール術が重要だと考えています。

しかし、このメール術を勘違いしているサイトや人も多いようです。

といいますのはメールというツールは出会い系サイトではあくまでも実際に会うための手段に過ぎないのです。

ですので、出会い系サイトにおいては、メールで相手を虜にして魅惑するメール術などは不要と言っていいでしょう。

例えばごく普通に自己紹介して、相手のレスポンスが悪くないようなら直ぐに『会いませんか?』とストレートに誘えばいいわけです。

最近出会い系サイトもSNS化していてネットコミュニケーションを楽しむ人も多いようですが、本来の出会い系サイトは即会いが基本です。

ダラメは要注意

出会い系サイトは男性の場合メールを送っても無視されることが多いため、返事をくれる人が見つかるとつい誘って断られて相手を失ってしまうという恐怖感?に捕らわれ長期間にわたっていわゆるダラメを続けてしまう人が沢山います。

実は私の何度かそういうことがありましたので気持ちは良く分かります。

しかし出会い系サイトでダラメを延々と続けることは時間とお金の無駄以外なにものでもありません。

特にポイント制の出会い系サイトで『おはよう』『おやすみ』メールなどは論外です。

タイミングを計るなどといっているとそのタイミングは永久に訪れず結局出会い系サイトは駄目だという安易な結論に達してしまうこともよくあります。

タイミングは今しかまいということを肝に銘じて速戦即決を座右としてください。

駄目なら次という発想こそが出会い系サイト攻略の秘訣です。かと言って少しはタイミングをメール内容から検討する必要なことは言うまでもないことです。

あえて回数を申し上げると最大3回以内に必ず誘うことと申し上げておきます。

会ったら全然イメージが違う

メールテクニックにうつつを抜かして会うことを遅らせた場合メールのイメージと実際のイメージがかけ離れていて、上手くいかないというケースが非常に多くあります。

いくらメールテクニックでいい印象を与えることが出来たとしても実際と全然違えば上手くいかないのは当たり前のことなのですが、メールを続けていくうちにそこが分からなくなってしますおとがあるのです。

ですからやはりメールはあくまでも実際に会うためのツールに過ぎないことを肝に銘じ可能な限り早期面談を心がけてください。

反応を見る

メールする相手が出来たら、当たり前のように『いつ会おうか?』『どこで会おうか』というように言ってみてください。

これでいとも簡単に会うことができる場合もありますし、全然脈なしということがわかる場合のあり無駄な時間と費用を使いたくなかったらこのように『会うのが当然』といったメールを送ってみてください。

即アポの秘訣

出来る限り丁寧なメールを送り信用と好感を得る

最近はあまり長文メールが嫌がられなくなったので、相手のどこに関心を持ったのか、また自己紹介などを出来る限り詳しく書く。
※注:文字数に制限があるサイトもあります。

ただし改行のない長文メールは嫌われますので必ず数行おきに改行して読みやすいメールを心掛けてください。

身分証明書を携帯カメラで撮影して送る。

会う時間は1時間だけとか時間を限定して安心させる。

要するにある程度メール交換が出来るということは好印象を持たれているということなんで、後はいかに信用してもらうかが非常に重要なわけです。



コメントは受け付けていません