絶対に関わってはいけない自称精神病患者

更新日:2016年3月22日

出会い系やSNSには、精神病だとのたまう困った人たちがいます。どちらかというと、SNSに多いのですが、最近は出会い系サイトもSNSもあまり区別がつかなくなってきています。

インターネットの人が交わる場には自称精神病な人たちが大勢います。プロフィールに、自分は何々病だとかまことしやかなことを書いている人もいます。

以前に別のところで書いたメンヘルとは、また異なります。まあ、実際の区分けは難しいのですが、メンヘルは一般的に勘違い人間のことを言います。

ここで、言う自称精神病は本当に精神を病んだ人たちを言います。以前は女性が多かったのですが、最近は男性に多く見られます。

ブラック企業でこき使われる哀れな人が増えたためでしょう。余談ですが実際にはブラック企業などは存在しません。仕事がろくできない怠け者たちが世論に便乗して騒いでいるだけです。

何をやっても一生駄目な人たちです。嫌なら会社を辞めるか起業すればいいのに、本当に他力本願な無様な人たちが勝手に創作した最たるものがブラック企業です。

精神病というより低脳病と言った方がいいかも知れません(苦笑)
もう一度言いますがブラック企業なるのもは万に一つも存在してません。ブラック企業云々は共産主義思想なため決して相手にしてはいけません。
 

かなり話が逸れてしまいましたが、精神病に話を戻します。こういうのを迂闊にも相手にしてあげると、あーでもないこーでもないと朝から晩まで絡んできて手に負えません。

仕方なくスルーしたりすると烈火のごとく怒りだし難癖糞メールを送りつけてきたりします汗汗。

酷いのになると、自殺したいだのなんだの必死の訴えをしてくる正真正銘の精神異常者までいます。もう全然手に負えません。こんなのに捕まってしまったらもう出会いどころではありません。

ですので、明らかにちょっとおかしいなと感じたら早急にアクセス禁止にしてバイバイするようにします。
 

別に、精神病が悪いというつもりはありません。ですが、精神病がもし事実なら出会い系サイトなどやるべきではありません。静かに療養するべきです。

トラブルを巻き起こすことは確実で、そうであれば病気を悪化させることは確実でしょう。仮に自称であってもSNSなどに入り浸れば、本物の精神病になる可能性大です。

結論

精神を病んだ人たちとは自称であろうと他称であろうと関わり合いにならないことです。

百害あって一利ありません。我々はボランティア団体ではないのです。

心身ともに健全な人とお付き合いしたいですね。

おすすめな出会いサイト

騙しやサクラなしを常時確認している安心なサイトです。最近ではハッピーメールがおすすめです。恋人やセフレを見つけることが他のサイトよりもしやすいですね。夏の出会い探しに超オススメです。

■ 人気1位  ★★★★★
イククル

■ 人気2位  ★★★★★
ハッピーメール

■ 人気3位  ★★★★☆
PCMAX


コメントは受け付けていません