女のご機嫌取りばかり考える男性はモテない

更新日:2016年3月15日
女性となかなか付き合うことができない男性が多いらしいです。また、付き合っても短命で終わってします男性も多いらしいです。

そこで、どうしたら女性にモテるようになるかあれこれ調べたりするのですが、ますますモテなくなってしまうことが多いらしいです。

最近、GoogleやYahooなどで、『女にモテる方法』などを検索してあれこれ見ているのですが、どれももっともらしい一般論的なことしか書かれていませんでした。

● 服装のセンス

● 会話術

● 女性心理についてあれこれ

などなど。。

中には、まるで道徳教科書のような糞サイトや、女が男をいいように操りたいという思惑アリアリなサイトやブログもありました(苦笑)

広告誘導を目的とした出鱈目サイトも多く、ひとめ見ただけで単なる何の経験もない田舎の童貞がそこいらからパクってきたとう内容のサイトも見受けられます。
 

これらに書かれていることは別に間違いというわけではなく、必要なことではあるのですが本質からはかなり外れていると言わざるを得ません。

なぜならば、これらの恋愛術の大部分は、言い方を変えれと『女のご機嫌を伺う方法』だからです。ご機嫌取りをすれば、それほど嫌われることはありませんが、虜にすることはできません。

つまり最初のうちは上手くいっていても、ちょっとした失態で見切られることになってしまいます。
 

では、どうしたらいいかと言うと、あくまでも主導権は自分が持つということです。

自分に自信持つというか、とにかく女性にどう思われるかといった消極的な考え方を捨てて、女の方からご機嫌伺いをしてくるように、自分自身を高めていく必要があるということです。

ファッション1つとっても、たとえ女に好かれるものであっても、自分が気にいらないものでは上手くいかない可能性が高いです。

ファッションに限らず、相手にどう見られるかに重点を置いた場合、常に上手くいかなくなる可能性が高いことは知っておくべきです。
 

もし、巷で説かれるご機嫌伺い的な恋愛術が普遍的なののであるならば自己中でKYな男は絶対にモテないということになってしまいます。

ところが、現実には自己中・KY・ファッションセンス0でもモテまくる男は沢山いるのです。

というか、女にモテる男性って、あまりまともな男っていないと思いませんか?

つまり、『女に好かれる方法』を身に着けることはモテるための絶対条件とはならないということです。
 

恋愛術はそれなりに必要ではあるのですが、自分側に主導権がなければなりませんし、その点を理解していないと返って縁遠くなってしまいますので注意が必要です。

重要なことは決してご機嫌伺いなどをして相手に主導権を取られないようにするということです。

ご機嫌取りをすると付け上がるいい女 -出会い系サイトバイブル所有画像

おすすめな出会いサイト

サクラなしを常時確認している安心安全なサイトです。現在ポイント制出会い系サイトの会員数が多く特に出会いやすくなっています。特にハッピーメールが会員が多くおすすめです。

■ 人気1位  ★★★★★
イククル

■ 人気2位  ★★★★★
ハッピーメール

■ 人気3位  ★★★★☆
PCMAX


コメントは受け付けていません