失恋を引きずっている女

出会い系サイトには失恋して、別の相手を探すために、あるいは、気を紛らわせるために登録している人が結構多いです。

でも、こういうタイプは案外厄介なんです。

失恋後なわけですから、食いつきは早いです。アプローチすると直ぐにメール交換できるようになることが多いですね。

しかし、まだ吹っ切れていない人が大部分ですから、ストレートにうまくいかないことが多いです。

 

ある時、ラブサーチでそんな女性と知り合いました。

彼女は水商売をしていて、そこのマネージャーと同棲していたらしいのですが、突然その男が別の女を作って家を出て行ってしまたとのことでした。

まあ、弱みに付け込むわけではありませんでしたが、あれこれと相談に乗っているように装って、早期面接を画策していたんです。

まあ、毎日朝から晩まで、メール、メール、メールですよ。

でもいくらメール交換しても全然会おうとしません。初期の観測では、簡単だなとか思っていましたが、実際は全然簡単ではなく、誘うとのらりくらりと逃げ回るわけなんですね。。

 

彼女のメールはとても詩的で鮮やかでした。たぶん、私が出会った女性の中では最もメールがうまい人でしたね。

いつしか、彼女のメールに魅せられて、まだ1度も会ったことがないにも関わらず惹き込まれてしまいまいた。

もう、私の頭の中は一分一秒でも早く面接して、抱きたいという願望で一杯でした。もう、私の頭の中は朝から晩まで彼女のことで一杯です。

寝ていても彼女が夢に出てくるほど徹底的に魅せられていました。

 

他にも何人かメール交換していた女性はいたのですが、完全放置です。

一度、ある女性から返信がないと激怒のメールが来ましたが、もちろんシカトです。というか、せっかく失恋女からのメールかと思い楽しみに開けてみると、どうでもいい糞女からの糞メールのため、かなりがっかりというかムッとしたものです。

ところが、ある日のこと、彼女は突然サイトを退会してしまいました。

理由はわかりませんが、多分、まだ別れた恋人のことが忘れられなかったんだと思います。

不覚にも、直アドを交換していませんでした。定額制のサイトだったため、直アド交換は不要と考えていたため、聞かなかったのです。

直アドを聞いていれば、うまくいったかどうかはわかりませんが、後悔だけは残ります。

返す返すも残念です。

 

この体験から、一度も会ったことがない人でも、メールの技術によっては、相手を虜にすることが可能であるということを知りました。

また、失恋した女性はなかなか厄介であるということも知りました。



コメントは受け付けていません